Russian Military and Police Vademecum JP

ソ連/ロシア装備に関する画像/考察を掲載します。

ロシア装備考察 SSO/SPOSN 装備変遷①

f:id:rebelwidow:20180715011847j:plain

ООО "Союз Спец Оснащение" (SSO)は1997年に設立、以降現在に至るまでロシアで使用されている様々な衣類・装備を作り続けている。

現在ではSSOは開発部門、ООО "Спецоснащение"(Sposn)は実際の生産部門を受け持つ部門である。

 

Smersh 

 

 Smershの最初期型(一型)は1999-2000年に開発された。リネンキャンバスとアビゼント*の混紡素材のものである。

*アビゼント(Avizent)とはAviationとBrezent(混紡素材)の一部をとった混紡のことで、空挺降下用の装具に耐えうる素材という意味合い。ソ連時代よりよく見られる素材である。

f:id:rebelwidow:20180715014121j:plain

f:id:rebelwidow:20180715014126j:plain

f:id:rebelwidow:20180715014128j:plain

 

次世代のSmersh(二型)はすべてアビゼント生地で、2000年~2001年秋まで作られた。ブットパックの両サイドにはスモークグレネードやフレアを入れるポケット、更にグレネードを収納するポーチが別途、2個ついている。

f:id:rebelwidow:20180715015404j:plain

f:id:rebelwidow:20180715015405j:plain

 

Smersh(三型)は2001年秋~2002年夏まで作られた。

ブットパックの両サイドにはスモークグレネードやフレアを入れるポケットは同じくして、5連のVOGポーチが2個追加された。特徴的な"カナディアンボタン"のフラップ止めを採用している。この他、マガジンポーチにはグレネードポーチが両サイドに追加、ポーチ自体が長く、45連マガジンにも対応している。ハーネスには10mmのパッドフォームがつくようになった。

f:id:rebelwidow:20180715015908j:plain

2002年の夏以降にはマガジンポーチのフラップ止めの形状がスナップボタンに変更される。2個のボタンが付いており、これは各々、30連と45連マガジンに対応している。

f:id:rebelwidow:20180715020714j:plain

f:id:rebelwidow:20180715021003j:plain

 2002年の暮れより、ブットパックが米軍のM1961タイプへ変更された。

f:id:rebelwidow:20180715021258j:plain

f:id:rebelwidow:20180715021328j:plain

2003年よりいくつかの変更を経て、2005年頃~現在でも見られる形へ定着した。

f:id:rebelwidow:20180715021418j:plain

f:id:rebelwidow:20180715021627j:plain

 

 

SSO/Sposn Product Development History